さようなら、りりぃ。

2011年09月26日

 DSCF0036M.JPG
2011年9月21日撮影

おおつかりりぃ、
25日(日曜日)の21時、この世を去りました。
応援していただきましたすべての方に感謝申し上げます。
続きを読む
posted by hideji beer  at 13:20 | 宮崎 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 迷い犬おおつかりりぃ

共に生きるんだ。

2011年08月17日

お盆の時期に『りりぃ』を飼いはじめました。
やっと1年。
右の後ろ足を失ったショックはいかほどなのか・・手術から2か月。
日曜日、気になる部分の検査に行きました。
再発でした。

ステロイドを服用しはじめました。
病理検査の結果がよく、少々油断していました。
こんなに早く始まるとは。

抗がん剤を打つべきか、迷います。
外科手術も迷います、りりぃにとっては何がよいのでしょうか、何が幸せなのか。
きっと同じ思いをした人、今思い悩んで看病している人、全国にたくさん居られるのだと思います。
一日でも長く、愛を感じる日を送りたい。
捨てられた犬、捨てられた猫、見た目に美しいペットではありませんが、愛くるしいその姿、
教えられることも多くあります。
奇跡が起きることを信じてハート
ペットってなんだ・・・
posted by hideji beer  at 10:00 | 宮崎 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 迷い犬おおつかりりぃ

はしれるよ。

2011年06月25日

IMG_9388.JPG
小川で水浴びもできるようになりました。
昨日、
酒のいまむらさん が工場見学にお見えになりました。
嬉しそうに近づいてきたりりぃにシャッター!
はしゃぎふぎたせいか、今朝は重たそうに起き上がる彼女でした。
断脚したとは思えない感じに写っていますね。
今から彼女とドライブしてきますハート
posted by hideji beer  at 17:21 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 迷い犬おおつかりりぃ

りりぃのあし。

2011年06月01日

6月になりましたね。
今日は最近ファンの増えたおおつかりりぃの報告です。
(悲しい話なので、テンション下がります・・ごめんなさい。)

今、入院中です。断脚しました・・ 
 IMG_0710M.JPG
※2011年4月25日撮影

昨年8月に知り合って早々に右後脚の腫瘍が見つかった。
4月には子宮蓄膿症で緊急手術。子宮に1.3キロも膿がたまっていた。
開腹傷が回復してきた矢先、
足の腫瘍が倍以上になってしまい、歩くこともままならない状態。
薬も飲みましたが、腫瘍の大きさは日ごと変化し・・ついに破裂しました。
また、メスを入れることを決断しました。

元気になったら海に行くよ、一緒に行くよ、絶対帰ってこい!
りりぃは6時間もの手術を終え、痛みに耐えながら病院に居ます。
面会に行くと術後の説明をする先生に懸命に吠えて訴えました。
何かをされてこんなに痛い思いをしているといっているのか、
もうその話はしないで、と言っているのか・・
立ち上がって私のもとへ行こうとする、転倒する、前足だけで動く・・
気持ちが落ち着くまでゲージの中のりりぃを抱きしめています。

おそらく長くは生きられないでしょう、病気が厄介すぎて進行もはやい。
大きな手術はこれで最後にします。
出会ってまだ9か月にもなっていない、私のしたことは意味があったのでしょうか。
彼女にとって良かったのでしょうか。
未だに悩みます。

りりぃに会いに来てくれるお客様も多いので報告いたしました。
退院したら、また出勤させますのでそれまで回復を祈っててください。

犬続報
6月3日夕方退院しました。三本足で散歩、排泄OKとの事で。
抜糸までは2週間かかりそうです。それまで感染症など起きないように・・
暑くて田んぼの用水路に飛び込まないように気を付けます。
不格好なサイボーグ犬みたいです。出勤していますので平日はおります。
人が大好きなので尻尾を思いっきり振って出迎えてくれますよ。
傷口に響いて痛いはずなのに・・彼女は人間よりデキタ犬だと感心します。
6月6日夕方
姿が見えないと思ったら事務所横の小川にはまっていました・・
登れないんです、暑かったから川に飛び込んだのでしょうが・・
まだ抜糸してないんだからやめとくれ。
ずぶぬれです・・
6/9
延岡市の最高気温が27度になると聞いたわけでもないだろうに・・
小川に飛び込んだ、2回も水浴びしました。
自力で小川から上がれるようにひでじの兄さん方に工夫してもらいました。
あんた、愛されてるねぇ。
posted by hideji beer  at 11:57 | 宮崎 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 迷い犬おおつかりりぃ

りりぃ復活。

2011年04月23日

 どーも、おおつかりりぃです。
二週間前におなかを切りました。エリザベスカラーの代わりにストレス軽減クッションです。
(女の子だからピンク、みんなに浮き輪だと間違われました、まだ夏じゃないよ。)

実は、緊急手術だったんです。子宮に1.3キロも膿がたまっていて全部取りました。
術後は痙攣もあったりして獣医さんも心配してましたが無事に戻ってきました。
 CA390240_M.jpg → CA390243_M.jpg
術後4日目、再会して喜ぶ!⇒ 10日も首につけてるとちょっと憂鬱、抜糸で病院へ。
抜糸も終えておなかのびのびポーズもできるようになりました。
何でも食べたい、パン大好き、なんかちょうだい!
毎日、ひでじビールに出勤楽しいな手(チョキ)
鹿の足を拾ってきたら褒められたよ、でもその足、なくなってるんだよね・・どこ行ったかな。
(醸造所に遊びにきたお客さんがびっくりするから始末しました、ごめんよ。)

被災地ではペットとも会えない方々がたくさんいます。りりぃの話をブログに掲載することもためらいましたが、命を救うことができたことを皆さんにもお知らせしたくてUPしました。
不謹慎だと思われた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。オオツカ
posted by hideji beer  at 14:06 | 宮崎 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 迷い犬おおつかりりぃ

おおつかりりぃ出会いA

2011年02月17日

昨日の続きです。今日はシトシト雨が降っています。
鶏インフルエンザはとどまらず、噴火被害、土石流の心配で青い空が恋しいころです。

さて、『おおつかりりぃ』との出会い後編。(待ち遠しい人いたかな^^;)
お昼休みを利用して保健所に会いに行く→お気に入りだったボールとおやつ持参。
会いたかったよ〜!と飛びついてくれるだろうとかなりの妄想。
保)さあ、あちらにいますよ!
私)あ!いた!!そうだあの子だ!
犬)だれ?わかんない・・だれ?
保健所の担当者を見上げ、私には見向きもしない・・・
『えええ〜そんなぁ、4日くらいで忘れちゃうの????
・・忘れてる・・・飼うって言わないほうが良かったのかな(汗)』
しかし、徐々に思い出した様子。
よかった、保健所の人も引受け先としてOKを出してくれた。
 DSCF0012_M.JPG
8月13日(金)ようやく、ひでじビールの看板犬となる。
なまえは『おおつかりりぃ』女の子、4,5歳らしい・・
百合のようにいい匂いになってほしい(無理;;)ということで命名。
昼間はひでじビール勤務、夜間は大塚家に帰宅。(癒し担当ボランティア)
夏場は醸造所横の川で何度も水浴び、乾く暇がなかった。
ずぶ濡れで保護されたと聞いていたのでかわいそうだと涙したが、
その時も大好きな水浴び直後だったのではなかろうか・・うなづける。

後日、獣医さんに健康検査・ワクチン接種等で出向き、足に腫瘍があることを伝え検査をしてもらった。
結果、癌だと・・脂肪細胞腫。(そんなぁ〜涙;;)
除去にはいろいろ方法があるようだが、悩む・・保健所担当者にも相談し、メスを入れることはやめた。
限られた命、大事に大事に一緒に生きていくことにした。
出会って半年。
手品師のように首輪の抜き技を覚えてしまい、今はリードなしで醸造所勤務。
優しい性格、朝礼にも参加、仕事で遅くなってもじっと待つ、耐える、待つ。
寒くて堪えきれないときは遠慮しがちに『帰ろうよ・・』と甘えるのです。
みなさん、どうぞ遊びに来てください。(日曜日は癒しボランティアお休みだよ。)
 DSCF0001_M.JPG DSCF0016_M.JPG

posted by hideji beer  at 13:44 | 宮崎 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | 迷い犬おおつかりりぃ

おおつかりりぃ@

2011年02月16日

みなさん、こんにちは。
今日は「おおつかりりぃ」のおはなしの予定でしたが、
紹介する画像が不具合によりUPできなくなったので明日に愛くるしい顔をご披露しますね。
もしかすると、この犬の飼い主が現れるかもしれない・・それはそれで仕方のないことだと思っています。

2010年、8月初旬(雨) 出会い。
ずぶ濡れの茶色い大きな犬と目が合った・・しかも醸造所の敷地内。
居るはずもない大きな顔に一瞬、『とびかかってきたらどうしよう・・』と戸惑う。
しかし・・歩き方に力強さは感じられず、倒れるのではないか・・と思えるほど痩せて肉球は削れ、血がにじんでいる。
迷い込む犬に餌をあげてはならない。
と教えられて育った私ではあるが、
ずぶ濡れのやせ犬を放っておくほど心も強くない。
覚悟をして餌を用意した。
家に連れて帰るには大きすぎるこの犬をどうしようか、醸造所で飼うべきか、スタッフと話した。
私の家で飼うしかない・・・
帰宅時は車を追うようになり、遠吠え付きで夜を過ごした様子。
土曜日、家族に相談し受け入れる覚悟もでき、彼女のための買い物も済ませた。
日曜日、さっきまで醸造所にいたのに姿は見えず・・シャンプー片手にあちこち探した。
月曜、火曜・・
やっぱりいないとさびしいね・・とスタッフの声。
もしかしたら、帰ってこれないところにいるかもしれない・・
もし、保健所に連れていかれていたら・・結末を想像し、居てもたっても居られなくなった。

・・・ずぶ濡れで保護されたゴールデンレトリバー、いますよ。
きっと探してたんだな、ごめんね、連れて帰らなかったからね。
『飼わせてください!飼い主が現れるまででも構いませんから私が飼います!』
子猫子犬でも里親がなかなか見つからないこの世、私はあの愛くるしい瞳に恋をしたのだろう。
翌々日に相性を見る、ということで彼女と会えることになった。ああ、どんなに待ち遠しいか。。。(つづく)
posted by hideji beer  at 17:59 | 宮崎 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 迷い犬おおつかりりぃ