新商品『宮崎マンゴーラガー』

2010年05月10日

三年越しの恋黒ハート
宮崎にしかない、宮崎らしいビールが造りたい。
そんな何気ない言葉から三年・・・
ふわっと香る風のようなマンゴーラガーが誕生しました。
 DSCF0015_M.JPG
宮崎マンゴーの果皮から発見されたマンゴー酵母と自家培養酵母のW発酵。
まろやかで後味爽やかな飲み口。
ビールの苦味の苦手な方、女性にも是非とも召し上がっていただきたいですね。

ネットでのご注文は予約制になっています。
大量生産できませんので5月中は宮崎県内を中心に先行販売となります。
県外のみなさま、もう少々お待ち下さいね。


この商品は、ひでじビールが3年程前から、科学技術振興機構の支援を受け、宮崎大学・宮崎県食品開発センターの協力の下、産学官一体、地域一体となった『宮崎県ブランドビール』の製品開発を目指した開発プロジェクトチームによる商品です。
宮崎県を代表する果実、マンゴーの表皮から酵母の採取に成功し、独自の純粋培養技術で増殖させ、本来のビール酵母とのダブル発酵製法で、今までに無いビール業界としても極めて希な手法で完成させた今回の『マンゴーラガー』。

完成したビールとフルーツ系のジュース(エキス)を混合させた発泡酒は世界中に数多くありますが、ひでじビールのこだわりは発酵前の原料にマンゴーを使用する事。しかも、マンゴーから採取した酵母によって発酵させる醸造技術はまさにこの宮崎だからこそ出来た非常に価値のある取組みです。
原料の一部にマンゴー果肉を使用しておりますが、勿論100%宮崎産。厳しい基準のブランド品『太陽のたまご』に惜しくもなり得なかった『たまごのたまご』達がこのような形で主役に躍り出ました。
気になるお味のほうは、ひでじビール従来の商品と比較して、ホップの苦味を非常に抑えてあり、爽やかでほのかに甘く、独特の吟醸香とマンゴー果汁のまろやかさが特徴的な発泡酒となっており、ビールの苦手な人や女性でも飲みやすい仕上がりとなっています。成分的にも弊社従来品と比較して含有糖分量が1/4となっており、また乳酸の分解を促進して疲労回復に効果があると言われるリンゴ酸を豊富に含んでいるため、低カロリーで疲労回復に効果が期待できる製品となっています。
『スポーツランドみやざき』にはもってこいの商品かもしれません。

発売は5月1日。メーカー推奨価格は600円となってます。
宮崎空港や県内主要観光地、また大型商業施設や一部の県内道の駅等を中心に販売されます。
数量限定生産の為、品切れを起こす店舗もありますのでご了承下さい。
この商品のお問合せは【宮崎ひでじビール醸造所】電話0982‐39‐0090まで

posted by hideji beer  at 11:11 | 宮崎 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | どんな味?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック